海辺の小さな家 -羊毛のある暮らし-

我が家の中心に3ワンズあり!! 羊毛フェルトでミニチュアサイズの愛犬をオーダー制作しています。シンプルで熱い思いをカタチに♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宝物。今日届いた一通のハガキ。

今日ね、一通のハガキが届いたの。

差出人を見てもすぐにどなたからかわからず、びっしりと書かれた

そのハガキを読んでみると!!!!


先日ミニフレームをお届けした momoちゃんのお父様からでした。



お届けしたミニフレーム

●P1140652 

           ●P1140650

震災からこれまでの日々、そして震災直後に訪れた愛犬-優-との別れ、

そして優への気持ち・・・

お手紙を拝見してなんだか涙が込み上げてしまう・・・。


住み慣れた土地・家・慣れ親しんだ環境、友人と離れ、新たな地に

避難され、愛犬を見送り・・・ わたしたちには想像もできないような試練の

日々を送られているというのに、そしてまだ決して落ち着いているはずがない今、

私のような者にまでお手紙を下さるなんて・・・。


お手紙を読んでいて、 どれだけ優がご両親に愛され、守られていたか、

そしてご両親のお人柄まで見て取れるお手紙で、私は心の奥深いところから

熱~~く込み上げるものがあったの。


“ 避難する時 家に置いては避難できず 死する時まで 一緒に行動した

次第です ”


とお手紙にありました。


動物と共に避難できる避難所は少ない。 故に、置き去りにされてしまった

動物たちもたくさんいた。 それをどうこう言いたいんじゃない。

大地震・大津波・原発、想像を絶する状況の中でどういう選択ができるか否か

実際に体験してない者にはわからないことだってあるから。


強いて言うならば、何故にこれだけ多くの人間が動物を家族として共に

しているのに、こういう状況下で別視されてしまうのか。

もちろん、全てがその限りではないけど。



momoちゃんのご両親は最後まで愛する我が子、「優」を守ったんだ。




避難先の新しい地でも、優の笑顔が毎日見れたらどれほどご両親を

和ませたことだろう・・・

計り知れない心情を思うと胸が痛む。 


それでも、優のフレームを喜んでくださり、飾ってくださっていると聞いて

本当に本当に嬉しかった。



同じく“犬”という家族をもつものとして、そして羊毛で小さな“家族”、

“うちの子” 作りのお手伝いをさせて頂く者として、momoちゃんのお父様

から頂いたこのハガキは深く心に刻まれるものがあり、わたしにとって

大切なものになりました。




心から   感謝。




このお手紙を拝見して、私、頑張らなきゃって強く思った。

できることは小さいし、いつでもマイサイズ。

それでももっと強くならなきゃ、って思った。

ひとりの人間としても、ひーちゃんとサン坊のママンとしても。


    忘れちゃやーょ。
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ  
   
ランキング  ポチっとよろしくね。  












スポンサーサイト

| 羊毛フェルト制作日記 | 20:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

sareeeちゃん
おこんばんわ。
葉書、届いたんだね~お父さんすぐ書いてたの。
読みにくかったんじゃないかと心配してたんだ。
大丈夫だったようで安心しました。
毎日、優と一緒にいれるような場所で
そして、優が見守ってくれてるような場所に掛けてあるんだよ~
私も、毎日顔を出すたびにやさしい優にホッコリできるよ。
ほんとにほんとに感謝の気持ちでいっぱいだよ~
ありがとう。

| モモflower | 2011/04/16 19:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sareee.blog92.fc2.com/tb.php/552-7208cf46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。