海辺の小さな家 -羊毛のある暮らし-

我が家の中心に3ワンズあり!! 羊毛フェルトでミニチュアサイズの愛犬をオーダー制作しています。シンプルで熱い思いをカタチに♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イヴのメッセージ。

たくさんのメッセージを残してくれたイヴ。

先週の今頃はどうだったかな・・・ とか、もうすぐ1週間・・・ とか

いろんなことが頭を巡ります。

そんなことが頭を巡ると涙が出ちゃうからね、考えはじめちゃったら

強制的に違うことを考えるようにしているょ。

 

日に日に苦しくなっていっただろうに我慢していたんだね、イヴ。

センターでのイヴ&サン太 

 この写真は12月24日、イヴとサン太が引き出された日の

ちばわん 愛護センターレポートに掲載されていた写真です。

我が家に来る数時間前の写真。

是非、↑↑見ていただきたいです。 センターでの現実。

 

 

12月30日に2回目のワクチンと検診、先生に聴診器で心音を聞いてもらい

ましたが、特に異常はありませんでした。

 

そしてイヴの急変。

動物医療は病院に行けばすぐ対処できるものと、原因の特定に

時間がかかってしまう場合も多々ある。

それでも、「イヴにとっての最善を尽くそう」とお話して、

大学病院での検査なども検討しつつ、セカンドオピニオンを求めるため

別の信頼のおける先生のもとへ駆け込んだのが1月9日。

いずれの先生も親身に最善を尽くしてくださいました。

イヴのレントゲンを見ながら色んな可能性をお話して下さいました。

P1030969-① 

本当に温かく一生懸命な先生方でした。

もしかしたら 難しいかもしれない・・・ 手術が始まる前に先生に

そう言われても、まさかお別れになるなんて考えもしなかった。

手術に立ち合わせて頂き、たくさんの先生方が見守る中

イヴのお腹にメスが入り、途中心肺停止になり、蘇生して・・・

涙ながらに目を凝らしました。

この現実をしっかり見なければいけない気がして・・・

でも本当はすっごくすっごく怖かった・・・ 先生の一言一言を聞くのが

怖くて仕方なかった・・・ 

でもイヴの目が覚めることはありませんでした。

また会えると思っていたから・・・

心の準備なんてまるでしていなかったし・・・

どうして麻酔が覚めないの?

どうして????

最後は 手術台に横たわるイヴにすがりつくような思いでした。

胸が張り裂ける思いって 正にこれなんだ・・・

 

イヴとサン太が兄妹なのかはわかりません。

避妊や去勢をしなかった飼い主のもとに生まれたこの子たちは

「不要」

不要であれば捨てればいいの?

犯罪だょ。

みんなはこの子たちを見てどう思う?

 

イヴはこんなにも大きな心の傷と身体の傷を負わなければならなかった・・・

P1030971-① 

1月8日。たまり続ける空気を抜くためにイヴのお腹にチューブをさす処置が

施されました。

P1030965-① 

チューブを噛み切らないよう大きなカラーをつけられて、眠たいのに

時折激しくキャンキャン!!と鳴きました。

痛いのはもちろん、それよりこうなってしまっている自分がとっても怖かったんじゃ

ないかと思いました。

チューブの入ったお腹が痛いかもしれない・・・ そう思うとむやみに抱き上げる

こともできず、両手でイヴのお顔をナデナデしてあげることしかできなかった。

「イヴ痛いよね・・・ごめんね・・・ イヴは本当に強い子だね、えらいね・・・」

そんな言葉しかかけてあげられなかったけど、私が手で撫でると

鳴きやみました。

犬にだってちゃんと人間の気持ちや思いは伝わる。

 

あの時はこの処置をしないと毎回お腹に一日に何度も針を刺してかわいそう

だった・・・ だから最善の策が見つかるまでチューブをつけて空気を抜こう・・・

そう先生と決めたけど・・・  今思えば なんてかわいそうなことしたんだろう・・・

そう思う。

 

私はイヴを救えなかった。 これは事実。 

自分を責めてもしっかり「このこと」を何とか受け止めようと思ってる。

でも反面で、 生ませた飼い主が放棄することさえなかったら、

きっと今もイヴは元気に走り回っていたのではないか・・・  

そんな怒りがこみ上げる。

 

 

イヴが教えてくれたこと。  イヴはいろんなことを教えにきてくれたんだ。

ママンは何もしてあげられなくて・・・ イヴ、本当にごめんね。

 

アカーーーーーーーーン!!!!!

イヴのこれまでを綴ろうと思っていたけど、やっぱりなかなか苦しい。

胸が詰まる。 だからこれぐらいにしておくょ。

一生懸命私も先を見ようとしてる・・・ 今は自分で気張っていないと

まだまだこみ上げるものがあるょ。

イカン、イカン。

でもやっぱり、知ってほしい。

私もさ、まだまだ新米だし、これから色んな現実と向き合うときが来ると

思うんだけど、と同時に、色んなことを伝えられるようにならなきゃな・・・。

 

どうしたらペットの意識格差が縮まるんだろう・・・

 

イヴの写真はちょっとしかないけど、そのちょっとを思う存分見てもらいたいのだ!

 

今日は かわいい天使イヴとサンちゃんのお話ですょ。

いっぱいはないけど、同じ写真を何度も載せてしまうかもしれないけど・・・

イヴの写真をUPしておきたい。

 

また1つ、みんなの心にイヴが残りますように・・・

 

この写真を撮ったとき、とっても笑えたし、かわいかったし、幸せだった。

★P1030633-① 

 あの・・・ それ・・・   私のくつした・・・  しかもあったかくて気に入ってる・・・

★P1030639-① 

★P1030641-① 

 サンちゃんの勝ち!!

 気が済んだでしょ、 そう言ってボロボロになる前に回収しました(笑)

★P1030642-① 

★P1030645-① 

★P1030646-① 

 何でもかじってしまいなさい・・・    そうしてこのマットはこの後

年末のゴミと一緒にサヨナラとなりました・・・(笑)

★P1030648-① 

 イヴはね、サン太に何をされてもじっと我慢しているの。

でもね、キレるとサンちゃんより全然迫力があったのょ。

やっぱり 「女は強し」よね、イヴ。 

 ★P1030657-①

★P1030661-① 

 なんだかんだ言って、最終的にヤラれるのはサン太。(笑)

 イヤン、イヴちゃんのその男への強さ、ママンに似たのかしらン?(爆) 

★P1030663-① 

 「あ゛ーーーーーーーーーーー」 って言ってそうな光景(笑)

サンちゃんのタレ耳と、イヴにゃんの大きな丸いお耳、かわいかったなぁ。

 

湿っぽいのはアカン!!

明日は久々にサンちゃん&姫ちゃんクローズアップと 再開した羊毛っ子のお話に

しようね!

 

もう涙タンクがカラッポになりましたーーー!!!

ならば笑って歩くのみ!!! だよね?

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ ←ポチっ

 

 

スポンサーサイト

| 預かりっ子 | 19:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Sareeeさん、こんばんは。

イヴちゃんの画像を見ていると
亡くなったなんて未だ信じられません。
私もこの子達を捨てた人間が許せなく
ずっと心の中でモヤモヤしていました。
でもSareeeさんが同じ気持ちだとわかり
ホッとし私の素直な気持ちを書かせてもらいました。

私はこの地球上に生きている者の命は
みな平等だと思っています。
それなのに人間の勝手で罪もない命が・・・。
イヴちゃん達みたいな子達の生い立ちを考えると
とてもやりきれなく落ち込む事も・・・。

私もワンコやニャンコを個人で保護しては
里親を見つけています。
こう言う子達が少しでも減りみんなが幸せに
暮らせる世界になって欲しいですね。

| はーさん | 2010/01/14 20:04 | URL | ≫ EDIT

実は初めてイヴちゃんを見た時、なんてかわいいの!!とひとめぼれでした。なんか心に残る子でした。(ある意味サンタよりも。ごめんサンタ)こんなにかわいい(子犬らしい)姿を見れて嬉しいです。しっかり焼きつけました。
私、Sareeeさんのブログを見てすぐに本を購入。色んな感情が渦巻きました。友達にも話したりしました。まだこんなことしかできないけど、まずは知ってほしくて・・・
うちの子は猛暑の中1ヶ月も日の当たる檻の中で保護されていたそうです。(警察にて)精神的におかしくなっていたようでものすごい興奮状態。署員の方も近づけないほど・・・そんな状態でも保護センターに連絡とってくれたり、最低限の世話をしてくれたことに感謝です。抵抗力の無い子犬や老犬だったらきっと耐えられなかったでしょう。ほんとにこんな状況何とかして無くしていきたいですね。
Sareeeさんそうそう笑って歩くのみ^^私もたっぷりそらに笑顔を見せたい!!

| solamama | 2010/01/14 20:14 | URL |

あらためて・・・

sareeeさんに脱帽!!!
本当に大変だったんだ・・つらかったよね。写真さえも、つらくて見れない・・イブちゃん、ちっちゃな身体でがんばったんだ~。涙で、打てないよ~
ほんと、人間って残酷だよね。命をなんだと思ってるの?人間の命と、犬の命に違いがあるの?
うちにいるわんこたちの中の1人は、育児放棄?手に負えず飼えないと言われて主人が会社の人からもらってきた子。
9ヶ月のダックスで・・全然、問題児なんかじゃなく、かわいい子。少し、吠えすぎだけど・・問題なし。
もう1匹は、目が見えないと言われて、売れないペットショップの黒柴・とっても美人・・かかりつけの先生は、目は見えてるけどなんらかの脳の障害かな?って。今は、薬のおかげで、落ち着いてるけど、てんかん・ひきつけをおこし、大変でした。怖かった~。
でも、みんなかわいい子。
私たちと、同じように、思いがあって、おこったり、喜んだり、嫉妬したり・・
一緒だよね。
イブちゃんが、あらためて教えてくれた。この、平凡な毎日が、当たり前のことではないこと。大切にしないとね・・
写真のサンタとイブ。元気じゃない!?
こんなに、悪かったなんて、わからないよ~。身体はしんどかったのかもしれないけど、きっと、イブちゃんは、幸せで、楽しかったんだぁ。写真見てると、そう思う。sareeeさん、パパンの愛情届いてる。ほんと、今がうそみたいに元気だもん。
あ~、1人でも多くの人に、イブちゃんのがんばり・思い・届け~。

| アシュー | 2010/01/14 20:37 | URL |

あたしのタンクはまだまだからっぽにならないよ~。
イブぅ~…。
でもイブのメッセージはがっちり受け取ってるからね!!!
ちばわんのレポもお邪魔したよ。
どうしてこんな綺麗な可愛い子達が???ってすごく不思議に思う。
ペットショップもどうせ存在してるなら、こういう所の子達を引き出してくれよぉぉ~。
原価もかかんないし絶対いいのに!!
センターの存在も知らない善意の飼い主は沢山いるはず!
みんなの目に触れて欲しい~。
イブもサンタもセンターの子達も、みーんなぽーに見えるよ~。
一人でも多く、素敵な家族に出会えますように…。

| ともも | 2010/01/14 21:11 | URL |

イヴちゃんの記事、読みました。

なんて言ったらいいかわかりません。この子達を、ひとつの命を捨てる人が少なからず何人もいるとゆう非情な現実を思い知りました。

それでも、誰かの大切な存在として生きた時間はイヴちゃんにとってとても幸せだったでしょう。

今頃天国でいっぱいいっぱい走り回っているかな?

| ぽあねぃ | 2010/01/15 18:51 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

☆はーさん

気持ちははーさんと全く同じです。
ブログってどこまで正直な気持ちを書いていいやら悪いやら・・・
それでも言葉を選んで綴ったつもりです。
だけど、言葉の端々に怒りもあったりで・・・

はーさんも保護と里親探しをされているのですね。
いろんな現実を目の当たりにすることが多々あったでしょう?
私もきっと色々これから経験するのかもしれないですね・・・

でも、知らないより知った方が・・・ やらないよりやった方が・・・
何倍も私の人生に大きな意味を持たせてくれそうな気がしています。
「命」と関わっていくことの大切さを。

小さな事から大きな事が変わっていくといいですよね!

| Sareee | 2010/01/15 23:57 | URL |

Re: タイトルなし

☆solamamaさん

やっぱりですか???そうなの!!イヴは最初にうちに来た時から
何か不思議な魅力のある子だったんですょ。 
パパンともずっとそんな話しをしていました。
イヴに会ったことのある人みな、何かわからないけど、何か他の子とは違う・・・
そんな事を言ってくれていました。

私もまだまだほんのちょっとしか知らない。でも、実際に保護活動をされている方から
話を聞くと、あまりに悲しい現実が多くて、いつも胸が痛みます。

命と関わるってことの素晴らしさや「責任」 改めて考えてもらえるキッカケを
作っていくっていうこともとっても大切ですよね。

本当のところではまだまだ消化できず苦しんでいます。
でも、とりあえず笑って、そして今わたしを見上げるふたりの眼差しを
わたしの全部で受け止めて共に進んでいかねば!! と奮い立たせています!

毎日精一杯の幸せを感じて愛犬と過ごしていきたい!ですね!

| Sareee | 2010/01/16 00:04 | URL |

Re: あらためて・・・

☆アシューさん

アシュー家のわんこはみぃ~んな幸せ。だってママがとってもとっても愛情深い方だもの!!
ペットショップでの販売での色んな話、私も色々聞いたことがあります。
売れない子は繁殖犬にまわし、繁殖にも使えないような子は・・・・・・ 
腹立たしく話しを聞きました。

柴ちゃんもダックスちゃんもアシューさんのお家にたどりつけて本当に良かった・・・
本当の赤い糸はアシューさんに繋がっていたんだよね♪
前の飼い主のところで糸が絡まっちゃっていただけ。で、その糸を解いてくれたのも
繋がっていたのもアシューさんだね!

もっとイヴを私の胸に抱きたかったな・・・ なんて。私がサークルの上から覗き込むと
すぐお腹見せるの。 もぉ~ たまらなくかわいくて・・・ だから扉を開けて
コチョコチョってするとおててで絡まりついてきて・・・ ハァ・・・
何度言っても足りないくらいかわいくて仕方ない。

サン太も姫も動き出したら止まらないし(汗)ワンワンバトルするし、
家ごとかじるし・・・ でも もうそんなのどうでも良くて、今日あの子たちみんなと
いっぱい遊んでいっぱいジャレて、時に怒り(笑)何でもないそれがたまらなく
幸せです。 ちっちとイヴの「死」を目の当たりにしてこその幸せだと思っています。

これからも、何かあったらイヴを思い出して頑張らなきゃ!!

| Sareee | 2010/01/16 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

☆とももさん

涙だしでは見れないレポートでしょぉ~?
レポート見るときは毎回ティッシュが必要・・・

知ってもらって、そこで何かを考えてもらう・・・ 見つめなおしてもらう・・・
そこに意味があると思うんだよね。まずは。
たっくさんの素敵な飼い主がいる中で、どうしても消えない人としても
アリエナイ無責任な人間。 自分がしたことそのままその人に返ればいいと思います!!
←爆弾発言。

ホント、そうなの・・・ 我が子とかぶるよね・・・。
だから余計熱くなる。

今の現状じゃ、どんなに保護したり引き出したって次から次へと収容されているんだもん、
どうやったら減らせるか、根本的なところだと思うんだけど、それが簡単にはいかない
問題なんだろうね・・・

無責任な飼い主はもちろん、悪質なブリーダー、ペットショップ・・・色んな問題が
絡んでくるんだろうし。 

ずーっと保護活動をされてる方はきっとむなしさすら感じているかもしれないよね・・・。

| Sareee | 2010/01/16 00:33 | URL |

Re: タイトルなし

☆ぽあねぃさん

今はどう自分の中で整理をしていけばいいか、わかるんだけどわからない・・・
そんな感じで 涙したり熱くなったり、色々です・・・。

たとえ短い時間だったとしてもイヴが少しでも温かさを感じてくれていたら
それだけで私頑張っていけそうだけど・・・ どうなんだろう・・・。

あの苦しみのないイヴとまたいつか会える。
生まれ変わってもまた私のところに来てね・・・ って思います!

| Sareee | 2010/01/16 00:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sareee.blog92.fc2.com/tb.php/230-8d96dc51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。