海辺の小さな家 -羊毛のある暮らし-

我が家の中心に3ワンズあり!! 羊毛フェルトでミニチュアサイズの愛犬をオーダー制作しています。シンプルで熱い思いをカタチに♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

羊毛の魅力 ~ 植物染め ~


本日は 植物染め の講習に行って参りました。

わたしが羊毛をはじめたきっかけは、自然素材で

ものづくりがしたかったら。

そして、その素材を使って、いつか子供に衣類や雑貨を

作ってあげたかったから。 なんですハート

 

自然相手のスポーツである波乗りをしていると、

自然の恩恵や偉大さ、時に恐ろしさを感じるんですねぇ。

そして、海の近くに住むことで環境の変化を感じることが

あるんですねぇ。

 

そんなことから お友達を通してまず出会ったのがヘンプでした。

ヘンプも奥深い植物ですね。 その用途の広さはスゴイ。

 

自分にできる範囲のナチュラル感いもむしさんを楽しんでできればいいな、

って思っています。

 

そんなこんなで、わたしが羊毛と出会い、石鹸水でゴシゴシする

フェルト雑貨を作ったり、ニードルフェルトで大好きな犬を作って

今に至るわけですが、羊毛の奥深さや広がりを知ると、創造性が

沸き、追求心が生まれるんですねキラキラ

 

今までは市販のカラー羊毛を使い、オーダー羊毛を作り、

そしてやっぱり自分で染めたくなるんですねぇ。

で、染めるなら断然、化学染料ではなく

『植物染め』がしたいわけです。

 

思い立ったらすぐ行動!!アップロードファイル  

 

悩んだ末、本日は『シーシャム木粉』で4種の羊毛を

染めてみることに。

P1000989.jpg 

 さてさて、この木粉がどんな色に染め上がるのでしょう~

 

 まずはフィトカリを入れて、アルミ媒染です。 

 1時間くらい煮ました。

P1000990.jpg

 

次に染液作り。

今回は350gの羊毛に対して50%の染料。それでも結構な量です・・・

P1000991.jpg 

 

これまた1時間くらい煮て→濾して・・・また新しい水を入れて同じ

染料を入れて2回目をとります。結局3回ほど繰り返しました。

P1000999.jpg 

 左が3回煮た染料、右がたっぷりたまった染液。

 

 今回は、2回にわけて羊毛を煮ました。

 最初に入れた羊毛にしっかり色が入ると、コーヒーのような色を

 していた染液がうすまってくるんですね!

 ここから別にとっておいた羊毛をあとから入れて煮ました。

 冷ましてからざるにあけてすすいで、お酢でトリートメントキラキラ

 脱水した状態でお家に持ち帰って只今 お星様の下で

 (星なんて出てないかも・・・)干しています。

 す~~っごくイイ色に染まりましたょハート

 もう感動しちゃうくらい。

 そして、どっぷりハマりそうです。

 色んな羊毛の魅力を教えてもらい、たくさんのものを得た

 1日でした。

 

 せっせと作品作りをしないと、羊毛ばかり増えそうあせ

 本日も たっぷりの羊毛を購入してきました。

 乾いたら、きれいに染まった羊毛をUPしますねハート



     ランキングに参加しています        

 

   にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
  キラキラ 応援して頂けるとうれしいです キラキラ  

 

             

スポンサーサイト

| ◆草木染 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sareee.blog92.fc2.com/tb.php/110-95d3bcd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。